イチゴ状血管腫~治療とその後~

ope検診から1週間後、紹介された総合病院を受診しました。治療するかどうか、詳しい説明を聞いてから判断するためです。そこでイチゴ状血管腫の治療方法や効果について次のような説明を受けました。

・1か月に1回レーザー照射する(輪ゴムではじかれたような痛みあり)

・照射した部分は軽いやけど状態になる

・照射後は10日間ほど患部に軟膏を塗り、その上に擦らないように保護テープを貼る

・レーザー照射することで、何もしないよりもイチゴ状血管腫の成長を抑えることができる

・イチゴ状血管腫の成長がピークを迎えたら治療終了

他に説明を受けた中で、私が治療することを選んだ決め手が二つあります。

  • イチゴ状血管腫が大きくなると、盛り上がりが消えた後の皮膚に引きつれがのこる可能性がある
  • (私が患部に髪の毛が生えていない事を気にして聞いてみたところ、)治療することで髪の毛が生えてくるかもしれない。

また、その頃には赤ちゃんの胸と腰にも小さなイチゴ状血管腫が出てきていたので、それも同時に治療していくことになりました。その日のうちに1回目のレーザー照射が行われたのですが、赤ちゃんのレーザーから目を保護するために、目にテープを貼った上に布で目隠し。その状態で動かないように押さえつけられて患部にレーザー照射されるので、当然赤ちゃんは泣き叫びます。私はすぐそばで見守っていたのですが、正直かわいそうで涙がでました…でも抱きあげたらすぐに泣きやんでケロッとしていたので、痛みはレーザー照射の一瞬だけのようです。帰宅して軟膏を塗る時やお風呂の時も、痛がる様子はありませんでした。

その後は月に1度のレーザー治療に通い、イチゴ状血管腫の成長が止まった生後6カ月で治療が終了しました。治療前に1㎝ほどだったものが1.5㎝ほどになりましたが、盛り上がりはあまり大きくなりませんでした。胸と腰の小さなものは消えていたので、レーザー照射は早ければ早いほど効果があるみたいです。

1歳2カ月の現在、盛り上がりはほぼ無くなり、色も少し薄く赤いもののところどころ元の皮膚色に戻っています。髪の毛は少し生えてきたかなという程度。これから他の部分と同じくらい生えてくるといいのですが…男の子なのでボウズになる機会があるかもしれないので少しだけ心配しています。

治療を終えての感想ですが、受けて良かったと思っています。治療をしていない場合との比較ができないので、治療効果がどれほどかは分かりませんが、近いうちにきれいに消えてくれそうです。乳幼児医療補助制度のおかげで、治療費もほぼかかりませんでした(助成額は自治体によって異なります)。

また、自分一人で乳児をつれての受診が大変そうと思っていましたが、私の通った総合病院には授乳室などの設備が整っていたので大きなトラブルなどありませんでした。むしろ、周りの人に声をかけていただいてうれしいことがたくさんありました。「かわいい赤ちゃんね」と言ってもらえるだけでなく、「今が一番大変な時よ。どんどん楽になるから頑張って」など励ましの声もたくさんかけてもらいました。外出する機会が少なく家で孤独を感じる事が多い時期だったので、通院がいい気分転換になっていました。

以上、イチゴ状血管腫の体験談でした。赤ちゃんの体を観察して、鮮やかな赤い点があったら大きくなっていかないか注意して観察してみてください。そして治療するなら早いほうがよいので早めに医療機関を受診してください。それがイチゴ状血管腫と診断されても過剰に心配せず、治療するかどうかメリット(早くきれいに消える可能性があるetc.)・デメリット(治療に痛みがある、通院が大変かもetc.)をふまえてご家族で話し合ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加