子連れで結婚式は大変!

【画像】子連れで結婚式は大変!先日、弟の結婚式に参列してきました。息子(1歳10か月)にとっては、初めてのおめでたい場です。子供を連れていくとなると、衣装の準備や騒いだ時の対策など、なかなか大変でした。今回は結婚式参列の準備から当日の様子のことを書いてみます。

まず、衣装については通信販売で購入しました。ニッセンのフォーマルウェアです。始めはレンタル衣装にしようと思ったのですが、ニッセンのHPを見てみたらレンタルよりも安い!今着ている洋服のサイズ(胸囲など)を測って、商品のサイズと比べてから購入です。息子は普段95㎝サイズの洋服を着ているのですが、シャツは細身だったので100㎝にしました。靴は試着したかったので、店舗で購入しました。

季節が春だったので、ネクタイ付きの白い半袖ポロシャツ&グレーの半ズボン、黒いスニーカーのコーディネートになりました。どれも、普段使いできそうなものにしました。

次に、おもちゃの準備。親族紹介から披露宴まで、5時間くらいの長丁場になるので、途中で何度も飽きてくるはず。新しいおもちゃを5個くらい用意しました。持ち運びしやすいように絵本やシールブックにしたのですが、息子が間違いなく食いつくように大好きなキャラクターもの(アンパンマンとトーマス)にしました。

それから、お昼の式でも食事がはじまるのは1時過ぎだったりするので、おむすびやお菓子なども準備するといいと思います。

最後に当日の様子について。見慣れない人に囲まれ、初めての場所でちょっと怯えている様子でしたが、親族紹介や写真撮影はなんとか終了。でも問題は結婚式でした。厳かな教会式だったのですが、案の定途中から騒ぎだしてしまい、私が息子を抱えて会場から飛び出しました。外でポツンと待ちながら、「弟の晴れ姿見たかったな…」と落ち込みました。

それなので、披露宴では旦那に役割をバトンタッチ!静かにしなくてはいけない場面(来賓あいさつと花嫁の手紙)がきたら、あらかじめ会場から子供を連れ出してもらうよう旦那にお願いしました。お式では「騒いでから連れ出せばいいよね」という考えだったので、結局、息子の声が会場に響き渡ることに…。初めから出ていてもらったほうが安心です。旦那には申し訳なかったけれど、おかげで私は弟の晴れ姿を堪能し、花嫁の手紙に涙することができました。

息子にとっても、色々と我慢させてしまって大変だった結婚式。旦那の協力なしでは参加できませんでした。子供の性格によるけれど、このくらいの年齢の子供を連れての結婚式参列は難しいですね…。旦那が連れ出してくれている間を除けば、デザートのフルーツ盛り合わせ&プリンに小躍りしながら夢中で食べている間が、唯一の息子から解放された時間でした(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加