朝早起きして作る、自分時間

【画像】朝早起きして作る、自分時間子供と一緒にいっぱい笑って、泣いたときにはイライラして…そんな一日もおしまいの寝かしつけ。「子供が寝たらやっと自分の時間だ~♪アレもやって、コレもやって…」と子供が早く寝るのをウキウキしながら待っているのですが…。気付いたら、「また子供と一緒に寝ちゃった!」というのは、子育てあるあるですよね。

でも、一日のうちで、自分の時間がまったく無いってかなりのストレス。私はいろいろ試してみて、夜は子供と寝てしまい、朝早起きしてみることにしました。今回はそうするまでの試行錯誤について書いてみます。

私の場合、子供と寝てしまってハッと目が覚めるのはたいてい23時すぎ。そこから起きてしまうと、一旦寝てスッキリしているものあって深夜の2時くらいまで眠れなくなってしまいます。そして翌朝から寝不足でつらくて、また夜に子供と寝てしまうという悪循環(笑)。

「なんとしても、子供を寝かしつける間起きていたい!」と思っても、平日は旦那のお弁当づくりで朝5時すぎ起きのため、夜は自然に眠くなってしまいます。寝ちゃダメ、寝ちゃダメ、と思いながら寝そうで寝ない子供に付き合うのって、もはや苦行…。結局寝てしまって「またやってしまった~」となるのもまたストレス。

そんな毎日をなんとかしたいと思って、まずは子供がコテッと寝るように生活を工夫しようと思いました。朝は毎日6時に起こし、昼寝は1時間半まで(放っておくと2時間以上寝る)、午前も午後も外遊びをするよう心がけました。結果、それでも息子の寝つきは早まりませんでした(泣)。相変わらず30分~1時間ベッドの上でコロコロしています。

昼寝の時間をもっと減らすことも考えましたが、そうすると夕食の支度ができなくなってしまうので止めました。1歳9ヵ月の息子にはまだまだ昼寝が必要な様子でしたし。

そこで、息子を早く寝かせるのはあきらめて、思いきって一緒に寝てしまうことにしました。子供と21時に寝れば、朝4時に起きたとしても7時間も睡眠がとれるので十分。朝から1時間以上も自分時間が作れます。

そうしたら、夜眠気と戦うストレスがなくなり、子供と一緒に眠りに落ちる幸せがプラスに。子供がなかなか寝なくても、「最悪、私が先に寝ちゃえば子供も寝るでしょ」と気楽に思えるので、寝かしつけ時間が楽しくなりました。それから、朝から自分時間が持てれば、そのあと一日中慌ただしくても心に余裕があります。朝早起きするまでは「今日はコーヒー一杯すら飲む時間がない~」ってカリカリしていました。

こんなメリットがあるので、朝の早起きはおすすめです。ただ、毎日子供と寝てしまうと旦那が一人で寂しがるので、子供がすぐに寝た時は起きてくるようにしたいです。子供と一緒に眠るのが幸せすぎて、今のところなかなか難しいですけれど(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加