一人でできる、赤ちゃんとお風呂

【画像】一人でできる、赤ちゃんとお風呂赤ちゃんとのお風呂、慌ただしい一日の中での癒しのひと時~♪…いやいや、全然!そうではありませんよね。一人で赤ちゃんをお風呂に入れるのって大変!泣く赤ちゃんに急かされて自分の体をさっと洗い、赤ちゃんの頭を流す時にもまた泣かれ、体を支えてあげながら湯船に入れ、赤ちゃんに服を着せている間に自分は湯冷め…。終わったころにはどっと疲れてしまいます。でもパパの帰りが遅かったりして他に頼れる人がいないと、一人でもやるっきゃない!わが家も毎日のお風呂は私の役目でした。

でも、初めの頃はいざやろうとしても不安でいっぱい…。自分の体を洗っている間、赤ちゃんをどこに置いたらいいの?自分が服を着る間は?と疑問も湧くし、もたもたして赤ちゃんを湯冷めさせてしまうのも心配。赤ちゃんとのお風呂はダンドリが大切なんですよね。

今回は私のやっていた入浴方法について書いてみるので、参考にしてください。

沐浴からお風呂に切り替えたのは生後1ヵ月経った頃でした。沐浴に使ったベビーバスをそのまま赤ちゃんの待機場所として使用しました。リッチェルの「ふかふかベビーバス」という空気を入れるタイプです。

ハイローチェアもあったのですが、重くて移動が大変だったり、お風呂上がりの赤ちゃんを置く時に濡れないようにしないといけないので少し使いにくい。その点、こちらとても軽いし、赤ちゃんがオムツを履かせる前におしっこをしてしまってもさっと洗えて扱いやすかったです。また、背中の傾斜が緩やかな所と、股の部分のずり落ち防止ストッパーで、赤ちゃんの姿勢を保持しやすかったです。腰がすわってからは、同製品のチェアタイプを使いました。

お風呂の手順はこんな感じ…

  • お風呂を溜めている間にしっかり準備。バスタオルの上に着替えを広げて(肌着など重ねておいて一度で着せられるように)、綿棒や保湿剤も手の届くところに。
  • バスタオルを敷いたベビーバスを脱衣所に置き、中に服を着たままの赤ちゃんを寝かせる(首がすわる前は、タオルなどで首が倒れないように調節。苦しい体勢になっていないか目を離さない)。赤ちゃんの洋服のボタンやひもを外しておいて、すぐに脱がせられる状態に。赤ちゃんからママが見える位置にセット。
  • お風呂のドアを開けておいて、赤ちゃんと目を合わせつつ、自分の体を洗う。
  • 赤ちゃんを裸にして、膝の上で洗う
  • 一緒に湯船につかる
  • 赤ちゃんをバスタオルに包み、再びベビーバスの中へ。自分の身支度を簡単に済ませる(化粧水&乳液がひとつになったオールインワンで時間短縮できます。着るものはバスローブが便利)。
  • 赤ちゃんを全身保湿して、服を着せる

赤ちゃんの待機場所ですが、寒い冬は脱衣所ではなく「風呂ふたの上」にベビーバスを置いている人もいるようです。私もしていました…。でも、まだ寝返りしないうちでも危険がないか心配で、目を閉じて頭を流しているちょっとの間でも怖いと感じました。とてもお勧めできる方法ではないので、小さなヒーターなどで脱衣所を温めてあげるのがいいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加