息子の好きな絵本 1歳~1歳半

【画像】息子の好きな絵本 1歳~1歳半絵本が大好きな息子。1歳にもなると、自分で本棚から絵本を選んで持ってきます。1冊読んであげると、次はこれ、その次はこれ…となかなか終わりません(笑)。今回は1歳~1歳半までの間で、息子のお気に入りだった絵本をご紹介します。絵本選びの参考にしてみてください。

まずは、『どうぶつ』(写真 内山晟、ポプラ社)です。「てのひらしゃしんえほん」というシリーズで、ストーリーがない図鑑のような絵本です。載っている動物の数は少ないですが、1歳児にはこれで十分。サクッと読み終わるし、動物園にいるメジャーな動物はだいたいカバーしています。そして写真が可愛い!犬のページで「ワンワン」などと鳴き声をつけて読んでいたら、犬を指して「ワンワン」、猫を指して「ニャーニャー」などと言うようになりました。子供の言葉を増やすにもいい絵本かも。

この絵本、1歳で動物園に連れて行ったときに、リアクションが薄くて寂しい限りだったので買ってみたもの。次に動物園に行く機会があったら、絵本で見た事がある~!って喜んでくれるんじゃないかというねらい(笑)。水族館に行く前には、同シリーズの『すいぞくかん』を買ってみようと思います。

次も動物系ですが、『ぴょーん』(まつおかたつひで著、ポプラ社)。ページをめくる度に、いろいろな動物がぴょーんとジャンプする絵本です。息子はかたつむりのページでケラケラ笑います。親の私も、最終ページの遊び心にニヤリ。そして締めに「○○(息子の名前)も、ぴょーん!」で息子をジャンプ(実際にはバンザイ)させておしまい。楽しい絵本です。

息子が歯磨き好きになるようにと買ったのが、『はみがきあそび』(木村裕一著、偕成社)。子供がめくって楽しめる、仕掛け絵本です。相変わらず歯ブラシは嫌がりますが、お気に入り絵本になったので結果オーライ!

そして最近はこればかり…『トーマス木製レールコレクション』(ポプラ社)ほか、同シリーズの電車系やトーマスの絵本です。ご近所の電車大好きのお兄ちゃんから譲ってもらいました。その日から一日に何回読まされていることか…。実際に販売されているおもちゃをジオラマ写真で紹介した絵本なのですが、乗り物好き男子にはたまらないみたいです。もう、次におもちゃ屋さんに行くのが恐ろしい(笑)。

以上、息子が1歳~1歳半の時のお気に入り絵本でした。最近は図書館で絵本を借りるようになったので、購入する機会は減るかな?と思ったのですが…。先日、気に入った絵本を返却しようとすると「僕の絵本を返せ~!」とばかりに号泣!慌てて貸出の延長をしました。次の返却期限でも泣くようなら購入してあげようか…。図書館通いするも、絵本購入の機会は逆に増えてしまうかもしれません(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加